0コメント

【自転車保険】入っておけば良かった・・・ 友人の事例を紹介します 自転車保険の義務化も拡大中! コンビニや携帯電話でも入れます。

自転車保険は、今後全国的に義務化が進みそうです。

昨年末、僕の友人の息子さんが自転車を運転中にお年寄りとぶつかって、怪我をさせてしまいました。 その時の怖い思いから自転車保険に加入される事をお勧めしています。

bike-440765_640.jpg


目次


体験談(子供が自転車で怪我をさせてしまった)

2016年11月某日、友人の息子さん(大学生)が自転車を運転中に、飛び出してきたお年寄りにぶつかり怪我をさせてしまいました。その時の様子から、最終的に解決に至るまでを記述します。

1.事故発生(2016年11月)
事故は発生してしまいました。友人の息子さん(A君)は歩道を自転車で走行中でしたが、それ程のスピードは出ていませんでした。そんな時、前を歩行中のお年寄り(Bさん)が急に進路を変えてA君の目の前に・・・。 A君は必死にハンドルを切り避けようとしたのですが、避け切れずに接触。 Bさんは数メートル弾き飛ばされて腰と膝を打ってしまった様です。

A君の主張 :避けたのに更に自転車に当たってきた
Bさんの主張:スピード出してたので避けられなかった

ここでBさんは、A君に自分は悪人ではないので「全て私の責任です」と言う念書を書いたら裁判沙汰にはしない言ってきました。 人の良いA君は納得しないものの怪我をさせてしまった事、念書を書いたら裁判沙汰にしないと言う言葉を信じて大事にはならないだろうとタカをくくってしまいました・・・。

A君 :怪我をさせてしまったのは申し訳ない、治療費は自分が支払う
Bさん:落ち着いたら連絡する

警察と救急車が去って、A君もその場を後にしたのですが、当日の事をご両親に心配かけまいと内緒にしてしまいました・・・。

2.警察から連絡が来て発覚
2017年末、突然警察から電話が掛かって来ました。「Bさんから連絡が取れないと言ってきてます、かなりご立腹のようですが、今後は家庭裁判所の管轄になります。早急にBさんに連絡される事をお勧めします」との事・・・。

何も聞いていなかったお母さん(Cさん)はびっくり仰天、A君を叱り全て話す様言いましたが、A君は大事にならないと思い込んでいた事と、普段から電話帳に登録していない人からの着信を拒否していた為、Bさんからの電話に一切出なかったそうです。 Cさんは、Bさんにすぐに謝罪の連絡を入れましたが、放置された事にご立腹のBさんは弁護士から連絡をさせると言って早々に電話を切ってしまったそうです。

3.保険に入っていない!
パニック状態のCさん、僕はすぐに保険に入っていないか?確認するように言いましたが、色々探したけど何処にも入っていない事が判明してしまいました・・・。

4.当たり屋かも?
こうなるとBさんが良い人である事を祈るばかりですが、どうも怪しい・・・。 その後の電話でBさんは以下の事を伝えて来ました。

・足の骨が陥没している
・治療には相当日数が掛かる
・別途弁護士から連絡させる

A君に聞くと、事故後救急車には自分で乗り込んで行ったので、骨が陥没なんてあり得ない!と言っていたので、もしかしたら当たり屋?と頭をよぎりました。

こうなると一般の素人には手におえないので、弁護士を立てるしかありません。幸い知り合いに弁護士を友人に持つ人がいたので、その弁護士さんに話を聞いて貰える事になりました。

弁護士さんも、保険に入っていないか?再度確認するよう言っていましたが、とにかく誠意を見せて謝罪する事と、1ヶ月に1回はBさんと連絡をとって治療の具合を聞く事、事故からの経緯を全て記録として残しておく事を指示されました。 その上でBさんが治療費と慰謝料を伝えてきたら改めて正式に弁護士として相談に乗りますとの事でした。

5.治療費、慰謝料って幾ら掛かるのか・・・
2月になり家庭裁判所から一通の手紙が届きました。「審判不開始決定通知書」なるものでした。

審判不開始決定通知書(抜粋).jpg

何の事はない、刑事事件としては審判を行いませんと言うだけで、Bさんが弁護士を立ててくるなら民事事件として裁判で争う事になると思います。

となると、保険に入っていない以上、治療費と慰謝料は支払わなくてはなりません。弁護士を立てて争っても減額される可能性はあるものの、ある程度は覚悟しなくてはいけません。

いったい幾らなのか・・・

相手の怪我の程度にもよりますが、相手が重度の障害を伴う怪我であれば1億に近い金額を支払うケースもある様です。Bさんの場合、それ程の怪我ではない筈なのですが、それでも数10万~2、300万請求される可能性があるそうです。

6.事故の顛末
結論から言うと、Bさんは紳士で良い人でした。

数回連絡を取った後、Bさんから直接合って話をしたい旨伝えて来ました。僕は警戒が必要と思い、弁護士さんに同伴してもらう事を勧めましたが、結局A君含めた3人で合う事になり、以下内容で示談となりました。

・治療費と慰謝料合わせて10万・・・

Cさんが保険に入っていない事を聞いたBさんは、治療に自分の保険を使い、弁護士を立てると金額が跳ね上がることから弁護士も立てないように配慮してくれたとか・・・。
良い人で本当に良かったです。これが悪意を持った人であったなら、数百万の支払いは免れなかったと思うとゾッとします。

まずは保険に入っていないか確認する事

思わぬ所で保険に入っている可能性がありますので、くまなく探してみた方が良いです。

・個人賠償責任補償特約
特に気付きにくいにも関わらず、カバー範囲が広く自転車での事故にも対応している場合が多いです。自動車保険や生命保険、火災保険の特約として知らぬ間に付けている可能性がありますので、先ずはこれを確認した方が良いです。

・クレジットカード
自転車保険が付帯できるクレジットカードがありますが、こちらも特約名が分かりづらいものとなっていますので、良く調べる必要があります。
例)JCBカード 「JCBトッピング保険(自転車プラン)」

・自転車保険
自転車を購入した時に保険に入っている可能性があります。「保険に入りますか?」と聞かれて「はい」と答えても忘れている事が多いですので、自転車に保険のステッカーが貼ってないか確認した方が良いです。但し、1年更新の為、更新手続き(自転車の点検整備)をしていなければ保険が切れている可能性が高いです。
ts-b_s.jpgts-r_s.jpg
第1種 TSマーク第2種 TSマーク

困ったときは・・・

どうしても入っている保険が見当たらない場合、頼れるのはやはり弁護士ですが、それなりに費用が高額になります。なので、慌てずに相手の出方を待ってみるのも一つの手です。A君の事故の時も、事前に弁護士に相談しましたが、結局相手が法外な治療費と慰謝料を請求してきたら考えましょうとの事でしたので、すぐに弁護士に頼まなくてもいいのです。

それでもやっぱり心配と言う方は、初回相談が無料の弁護士事務所もありますので、そういう所に聞いてみるのも良いと思います。因みに僕は、その友人から相談を受けて、有料(300円/月)の法律相談サイトに登録をして質問しましたが、ちゃんとした弁護士の方が的確なアドバイスを回答して下さったので、とても安心できました。




かんたんに入れる自転車保険の比較

今回の事件(事故)は本当に怖かったです。相手が悪意を持った人ならば数百万円の治療費と慰謝料を請求される可能性がありました。子供のする事だからと許してくれるなんて事は一切ありません。車(自転車)と人の人身事故に他ならないからです。言うなれば、注意力散漫な子供が無免許運転している様なものです。つい昨日も、野球のユニフォームを着た小学生が、歩道を猛スピードで走っていって信号待ちをしていた人に突っ込んで言って急ブレーキで転んでいました。幸い両者ともに怪我は無かったようですが、ブレーキの効きが悪かったら大怪我をしていた所です。 改めて自転車保険は必須なんだなと思いました。

最近はコンビにでも自転車保険に入れますし、携帯各社でも自転車保険を付加する事ができる様になってきています。これも自転車保険の義務化を見越しての事と思いますので、まだ未加入の方は是非自転車保険に入られることをお勧めします。

下にご紹介する保険は前提として、以下の補償、サービスが付いているものをご紹介します。なぜなら万が一の時入っていなければ絶対に素人では困ると思うからです。保険料の違いは補償金額が大部分を占めています。
  • 本人の他、家族も補償に入れる事ができる
  • 賠償事故の補償額が1億円以上
  • 示談交渉付き
  • 日常生活の賠償事故も含まれる


1.コンビニで入れる自転車保険
コンビニ/
商品名
保険料賠償事故の補償自分の怪我の補償保険会社
ローソン
「自転車保険」
※充実プラン
①本人のみ  309円/月
②夫婦    423円/月
③家族    609円/月
無制限
示談交渉付き
日常生活の
 賠償事故も対象
死亡   250万円
後遺障害 250万円
入院   3,500円/日
東京海上
日動火災
セブンイレブン
「自転車向け保険」
①本人のみ  333円/月
②夫婦    436円/月
③家族    601円/月
最高3億円
示談交渉付き
日常生活の
 賠償事故も対象
死亡   290万円
後遺障害 290万円
入院   4,000円/日
三井住友
海上火災
ファミリーマート
「自転車向け障害保険」
本人・家族  257円/月最高3億円
示談交渉付き
日常生活の
 賠償事故も対象
死亡   103万円
入院   5,000円/日
損保ジャパン
日本興亜

※各社とも日常生活での賠償事故も対象となっていますが、自動車やバイク等一部対象外となっています。
※ローソンは他社と比較の為「充実プラン」を記述しています。他に「お手軽プラン」「賠償責任なし」もあります。
※2017年7月1日時点の内容です。


.携帯電話各社で入れる自転車保険
携帯電話会社/
商品名
保険料賠償事故の補償自分の怪我の補償保険会社
au
「BycleBest」
※ゴールドコース
①本人のみ 2,140円/月
②家族   6,850円/月
最高2億円
示談交渉付き
日常生活の
 賠償事故も対象
死亡 800万円
後遺障害 800万円
入院 12,000円/日
弁護士費用 300万円
※自転車以外の
 場合は半額
au損害保険
ソフトバンク
「かんたん保険」
※しっかりコース
①本人のみ 580円/月
②夫婦   910円/月
③家族  1,440円/月
最高3億円
示談交渉付き
日常生活の
 賠償事故も対象
死亡 800万円
後遺障害 800万円
入院 7,000円/日
損保ジャパン
日本興亜
NTT docomo
「サイクル保険」
①本人のみ 450円/月
②夫婦   660円/月
③家族   990円/月
最高5億円
示談交渉付き
日常生活の
 賠償事故も対象
※海外での事故も対象
死亡 550万円
後遺障害 550万円
入院 3,000円/日
東京海上
日動火災

※各社とも日常生活での賠償事故も対象となっていますが、自動車やバイク等一部対象外となっています。
※2017年7月1日時点の内容です。

僕はソフトバンクユーザーなので、ソフトバンクの「ちょこっとコース(賠償額が1億円)」に入ろうかと思って手続きしかけましたが、たまたま自動車保険の更新日を向かえ、保険会社に確認したところ既に「個人賠償責任補償特約」に入っていた事が判明し、それを継続する事にしました^^;

By 空鳥



カテゴリ:生活 タグ:Comment (0)

この記事へのコメント